MENU

朝べたつく髪を解消!頭皮の皮脂を正常化するには

夜しっかりシャンプーで洗って寝ているのに、朝になるともう髪がベタベタ状態に・・・。そんな頭皮から出る皮脂の量で困っているそこのあなた!

 

朝シャンをすればいちおうはスッキリするわけですが、なかなか朝はバタバタしていて時間もないですし、毎日お風呂に入るとなると少し面倒ですよね。

 

そこで当サイトでは、そんな朝のベタつく髪を解消する方法のご紹介と、健康的な頭皮環境作りに役立つスカルプシャンプーを口コミ評判、効果、価格などをもとに格付けしランキングしてみました!

 

人より頭皮の皮脂が多く、髪のべたつきがとくに気になるという方は、ぜひこれらを参考にしていただき改善していただければと思います。

朝べたつく原因は?

とその前に、そもそも論ですが朝髪がべたつく原因は一体何なのでしょう?

 

皮脂が多めに分泌されていることは間違いないのですが、そうなった原因は人によって違います。その皮脂が多量に分泌される理由は大きく分けると次の3つ。

 

原因1 シャンプー選びが間違っている

ドラッグストアなどでお馴染みの普通の市販シャンプー(500円~1000円くらいのもの)は、ハッキリ言って頭皮環境にはマイナスです。

 

あれらは頭皮ではなく髪の毛を洗うためのシャンプー、つまり髪の汚れを取ってサラサラにしたりイイ香り付けをしたりするためのものなので、頭皮に成分が残留することにより毛穴詰まりの原因になりかねません。

【正解】頭皮用シャンプー(スカルプシャンプー)を必ず使うようにしましょう。できれば1000円程度の安価なものではなく、相場である3,000~5,000円程度のものが目安です。人気のおすすめシャンプーも後ほど紹介します。

 

原因2 シャンプーのやり方が間違っている

頭皮用のスカルプシャンプーをちゃんと使っている人でも、使い方がまずいせいで頭皮環境の悪化を招いているケースが非常に多いです。

 

正しいシャンプーは正しい使い方をしてこそ効果を発揮するので、ただ使うだけではマイナス要因になりかねません。

【正解】シャンプー前にはお湯洗いでしっかりと頭皮や髪の汚れを落とし、頭皮を優しくマッサージするようにシャンプーで洗いましょう。すすぎも非常に重要なので、シャンプーの成分が残留しないようにかなりしっかりと頭皮を洗い流す感覚ですすぐようにしてください。

 

原因3 シャンプーのやり過ぎて頭皮が乾燥している

シャンプーのし過ぎて頭皮を乾燥させてしまっていませんか?皮脂を取り過ぎると、今度は逆にカラダが頭皮を守ろうと皮脂を過剰に分泌しようとしてしまいます。

 

シャンプーのやり過ぎには注意し、頭皮の皮脂はある程度正常値くらいを維持することが大切です。

【正解】一日に何回も洗ったりするのは控えましょう。また、これが原因で皮脂の過剰分泌になってしまっている人は、あえてしっかりと頭皮用トリートメント(スカルプトリートメント)などで保湿してあげることが大切です。

 

その他の原因

もちろん皮脂の異常分泌はシャンプーに関連することだけとは限りません。そこには食生活や運動不足、精神的ストレスなど様々な要因が複雑に関連しているので、そういったこともチェックしたいという方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

シャンプー以外の髪がべたつく原因とは?

 

頭皮環境を改善するスカルプシャンプーの選び方3つ

スカルプシャンプーやトリートメントをすでに使っているという人は、先ほどお話したとおりシャンプーの使い方やすすぎ方、保湿をしてあげることなどで頭皮のベタつきはかなり解消されます。

 

しかし、まだスカルプシャンプーを使ったことがないという人は、参考までに以下の「失敗しないスカルプシャンプーの選び方」も合わせてチェックしておきましょう。

 

スカルプシャンプーを選ぶポイント3つ!
アミノ酸系シャンプーの中でも洗浄力の高いものを選ぶべし!
皮脂を過剰に取り過ぎないもの(保湿もしてくれるもの)を選ぶべし!
価格と効果のバランスが取れているコスパの高いものを選ぶべし!

総合評価!おすすめシャンプーランキング

ウーマシャンプープレミアム

保湿力のが高く人肌に馴染みやすい馬油によって、栄養が足りていない頭皮、環境が悪化した頭皮をケアしながらしっかりと皮脂を落としてくれるシャンプー。使ったことがある人ならわかると思いますが、泡立ちも良く洗っていて非常に心地よいです。コンディショナーなしでシャンプーだけでも十分保湿力が高いのでコスパもかなり優秀です。

 

¥3,800(税込)/300ml

モンゴ流シャンプーEX

科学的な有効成分を排除して、天然エキスなど自然界にある成分で作られたアジア人のためのシャンプー。こちらもウーマと同じく保湿力が高いため、シャンプーだけでも十分皮脂の異常分泌は改善されます。

 

4,980(税込)/400ml

ブラックシャンプー

泥を炭化させた成分が配合されており、洗浄力を極限にまで高めながら保湿も同時にできるシャンプー。見た目のハードさとは裏腹に、天然成分もたっぷり配合されていて意外にもソフトな洗い心地が得られるシャンプーです。

 

5,184(税込)/400ml

シャンプーは夜せずに朝だけした方がいい?

どうせ朝起きたら髪の毛がベタベタで洗わないといけないから、夜シャンプーするのはやめて朝しようと考える人がいますが、これは非常に危険です。

 

夜寝ている間というのは、髪にとっても頭皮のとっても大事な時間。頭皮環境を整えたり補修したり、昼間に受けたダメージなどをできるだけ回復しようと色んな細胞が働いてくれています。

 

そんな大事な時間に、皮脂や汚れなどで毛穴詰まりがあったり、頭皮環境が最悪なままにしておくのは非常にもったいない。

 

一日だけならまだしも、そういった状態が毎日のように続くとなると、確実に頭皮環境は悪化し、皮脂の異常分泌はさらにひどくなったり、最悪の場合一気に薄毛が進行してしまいます。

 

朝べたつくからといって、髪を洗わずに寝るのは今日からでも止めましょう。とくに昼間ワックスやスプレーなど整髪料を使っている人は確実に洗い流して寝るようにしましょう。

シャンプーだけで薄毛を食い止めるのは不可能?

また、皮脂の分泌が多く髪がべたついているという人は、すでに頭皮のおくではAGA(男性型脱毛症)が進行している可能性も高いのが事実です。

 

薄毛というと50代60代などある程度年齢を重ねてからと思われがちですが、本来は20代や30代から徐々に水面下で進行し発症するものなのです。

 

薄毛は予防医学なので、今のうちの気づけた人は幸運と言えるでしょう。

 

今のうちからスカルプシャンプーでしっかりとケアしながら、薄毛の進行を食い止めておくことが数年後の頭皮状況を大きく左右します。

 

ただ、シャンプーだけで薄毛を食い止めるのは限界があります。あくまでもシャンプーは土台作りととらえ、健康的な髪を保つための準備と考えましょう。

 

本格的に薄毛予防をするには、やはり育毛剤は欠かせません。

 

薄くなってしまってからではさほど効果はありませんが、予防として使えば非常に優れた効果を発揮してくれるのが今の育毛剤です。

迷ったらコレ!薄毛予防にオススメの育毛剤3選

しかし育毛剤にも色んなものがあり、とくに初心者の方にとってはどれを選べばいいのかわかりにくいと思います。値段も決して安くはないですし、せっかく買うならちゃんと効果のある優良なものを選びたいですよね。

 

そこでここではおまけとして、最新の人気育毛剤をいくつかご紹介しておきます。将来的な薄毛が気になる方は、今のうちからシャンプーと併用してケアしておくことで、非常に有効な薄毛予防ができます。

 

後悔してからではすでに遅いので、できるだけ早い段階から始めておきましょう。

 

フィンジア

ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われているキャピキシルを最高濃度5%配合、さらにミノキシジル誘導体ともよばれるピディオキシジルを最高濃度2%配合。さらにカプサイシンにより浸透力が高められた一番人気育毛剤。これだけの有効成分が入っていながら、副作用が全くない凄さ。成分、浸透力、期待効果、コスパどれをとってもNo.1。

 

¥9,980(税込)/50ml 一ヶ月分

チャップアップ

数多くの天然成分が配合されたロングセラー育毛剤。内側からのケアとしてサプリメントもセット販売されているので、髪に必要な栄養素も効率よく摂取できます。予防的に使うことで薄毛リスクを軽減することができます。

 

¥9,090(税込)/120ml 一ヶ月分

ポリピュアEX

楽天でも常に上位にランクインしている、こちらもロングセラー育毛剤。大容量なのでケチらずたっぷり使えるのも人気の理由の一つ。コツコツ継続して使うことで頭皮環境を整えながら抜け毛予防にも役立ちます。

 

¥6,800(税込)/120ml 約二ヶ月分

 
最後に

夜しっかりシャンプーして洗っているにも関わらず、朝になると髪が異常にべたついているという方は、これらの正しいケアを続けることでちゃんと改善されるので、ぜひ途中であきらめずに根気よく続けてみてください。

 

また、以前から朝のべたつきがあったもののずーっと放置していたという方は、頭皮環境の悪化がすでに進んでしまっている可能性が高いので、いきなり薄毛が発症する可能性も少なくありません。

 

できるだけ早い対応・予防をすることで、近い将来ハゲるか、今の状態をキープできているかが決まってきます。

 

薄くなってからのケアでは時間もお金もかかりますし、何より回復できる見込みも減ってしまうので、今のうちから頭皮ケアを始めていくことを強くおすすめします。

 
このページの先頭へ